アクセスカウンタ

天切りカズの闇がたり

プロフィール

ブログ名
天切りカズの闇がたり
ブログ紹介
「夜盗の中でも天切りてえ芸当は、屋根に登って瓦をおっぱずし、天井裏から棟木づたいに忍び込むてえ職人芸だ」
「今じゃ誰も使わねえが、こいつァ闇がたり、ってえ職人の声でござんからね。六尺四方から先へは届かねえっていう、夜盗の声音です」

・靖国神社崇敬奉賛会 正会員

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日本の政治家よ 恥を知れ!その2
復興大臣が首になった。名前も忘れた。顔は覚えている。人の顔にケチをつける立場じゃないが、いい年をして人相が悪すぎる。人間は、永年‘徳’をつんでいれば、自然と人品に風格ってものがでてくるものだ、と思っている。 最近の政治家は、金と権力の亡者みたいな欲が染みついているのか、ほとんど、顔が悪すぎるってのは、私の思い込みかい? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 14:30
日本の政治家よ、恥を知れ!
週刊誌で女性スキャンダルを追及され、慌てて経産省政務官を辞職した中川衆院議員は、昔、やはり女性問題で辞職に追い込まれた中川元官房長官の息子だという。あきれたものだ。議員辞職を求める声も多いらしいが、当たり前である。仮にも‘選良’という名を辱めるものであり、何よりも、国民の税金から、月の給料(歳費)1,294千円(別に月に文書通信費1,000千円)と期末手当6,350千円を受け取っているんだよ。金を返せ!そして即辞職! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/21 10:44
やはり変だな、と思うこと
最近、巷で見たり、聴いたりすることで、‘これって、おかしいんじゃないか?’と感じるものが結構あります。 TV、新聞、雑誌、等メディアの言うことは、最初からまったく信用してないことも大きな要因でしょうが・・・。 とりあえず、思いつくままに羅列すれば、以下のようなものです。アットランダムなので、軽重緩急の順番はありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/15 16:57
この平和ボケはなんだ!
アメリカトランプ政権によるシリアへの巡航ミサイル攻撃の件、メディアの報道は思ったよりのんびりした感じ。何か遠くの‘他所事’みたいなボケ具合だ。北朝鮮が核ミサイルの開発を強引に進めてきた結果、アメリカ本土への直接攻撃のリスクも高まってきた、と感じるのが常識だろう。そこで、中国の習近平との首脳会談の最中に、シリアへのミサイル攻撃を行ったのは、北朝鮮に対する意思の表明以外ありえない。日本の暢気なコメンテイターたちは、米露の関係悪化を心配するような発言が目立っていたが、ピンボケじゃないのか。裏で根回しし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/10 14:45
籠池騒動、いい加減にせいや!
最近これほどの‘キャラがたつ’人物は珍しいのか、連日、メディアも他の重要問題を放って、大々的に報道しているし、野党の人たちも安倍政権の足をすくって少しでも自分たちへの大衆の贔屓を増やそうと、妙に張り切っている。しかも、収束しようとする気配がない。しかし、もういい加減に茶番はやめた方がいい。 この騒動への私の見立は、予算委員会で自民党の西田委員が言っていたが、 <資金計画が杜撰というか、金もない奴が無謀にも小学校を作ろうとしたこと> <その金を寄付等で集めようとし、安倍晋三総理と昭恵夫人の名... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/25 16:21
「天皇譲位議論の再確認」
天皇のビデオ発言をお聴きしたとき、私はどうしても違和感を覚えたが、同時に感じた不安感が現実となってきた。やはり、心配したとおり迷走してきた。 いろいろな立場の人たちが、勝手な議論をしているが、わたし個人としては終始一貫考え方はぶれていない。再度、自分の考え方を整理してみた。 まず、今上天皇が極めてまじめにご自身の役目に専念されてきたこと、従来のお勤めがご年齢等からも厳しくなって来られたこと、そろそろご負担を軽くして差し上げること、について異論をはさむ余地がない。 しかし、それはイコール‘譲... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 16:06
世の中おかしくなってますよ!
最近のニュースで‘おかしくないか?’と思うことが非常に多い。 まず、「働き方改革」ってなんだ?‘働きすぎるから、残業を減らして人生をもっと充実させよう’という話なのか? 日本人って、そんなに働いているのか?(時間的ではなく、内容的だ) まあ人それぞれ感じ方あるだろうが、それは政府が決めることか?自分の働き方も生き方も、自分で考えて決めればいいんでしょうよ。 電通の新入女子社員の自殺、そしてその母親のコメント等を錦の御旗に、残業を悪として全面否定、天下の電通もやむもえず、社長の引責辞任、まだ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/10 11:03
「錦織はグランドスラムをとれるのか?」
オーストラリアオープンの4回戦、ロジャーフェデラーに負けてしまった。日曜日の夕方、NHKの地上波で中継されたので、たくさんの人が錦織に声援を送り、最後はがっかりしたことと思う。グランドスラムでの優勝をみんな期待している。しかし、今後錦織がその栄冠に辿り着く日が来るのだろうか?私は悲観的な感想をもっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/23 16:11
「帝京大学・東福岡高校」の強さ
先日の高校ラグビー選手権と昨日の大学ラグビー選手権決勝を見ていて、わたしは強いラグビーの本質を見たような気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/10 14:29
「韓国の人たちよ」
日韓合意(はや一昨年のこと))を踏みにじる対応が続く韓国、ついに日本政府も動いた。 約束した10億円を払ったのに、日本大使館前の慰安婦像の撤去の動きはない。それどころか、釜山総領事館前にも新規設置したのにはあきれた。それも役所が最初は認めなかったものを市民からのクレームが多くなると一転認めてしまった、という救いようもない韓国らしい話が報道された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/08 13:55
「箱根駅伝」で思ったこと
今年の駅伝、やはり青山学院が優勝、3連覇だそうだ。正月どこにも出かけない人間としては 、どうしてもTV見てしまう。 しかし、もう青学いいんじゃない?どこでもいいから来年は、青学に勝ってくれ! あのチャラサ(監督も含め)は、鼻についてきた。青学のスクールカラーなのかもしれないが。 あの二重国籍の‘二番じゃダメなんですか?’の蓮舫も青学だったね。 ところで、蓮舫って名前、イチローとかサブローなんかと同じファーストネームだよね。スポーツ選手や芸能人だったらまだいいかもしれないが、政治家(と言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/06 14:09
「大学ラグビー(=早稲田ラグビー)終了!」
ラグビー大学選手権もベスト4(帝京、東海、天理、同志社)が出揃い、熱戦を楽しみにしているラグビーファンも多いことだろう。私にとって、早稲田が敗退した瞬間、今シーズンの大学ラグビーは終了してしまった。ラグビーなしの正月は何年続くのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 17:29
「シルバー民主主義」の方向性
わたしたち年寄りは、どうしても保守的だ。自らの既得権を守ろうと自民党を支持している。これがよく言われるシルバー民主主義の基本だ。と思っていた。逆に、若者は革新的だ。反自民党の立場をとる野党、特に民進党や共産党などを支援しているのは若い人たちが中心だろう、と思っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/24 21:14
「天皇陛下の譲位について」
天皇陛下が8月の「譲位」の御意向を示すビデオメッセージを公表されたとき、正直驚きました。私は、天皇陛下は崩御される日まで、今上天皇はこの国と民たちをお見守りいただけるものと思い込んでおりました。 たまたま本日は天皇誕生日で83歳になられたそうです。 TV等の報道でよく見るのが、‘こんなに高齢な方にお仕事をさせてはおかわいそう’という意見です。実に優しい気づかいであり、これに反対するなど考えられない、といった感じでしょうか。 しかし、サラリーマンや商店主のおじいちゃんの話ではないので、同じよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 15:48
「お腹やせの科学」を読みました
「お腹やせの科学」を読みました <22>10月1日読了『お腹やせの科学 脳をだまして効率よく腹筋を鍛える』(松井薫著 2016.2.20光文社新書発行) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/01 15:20
「歴史問題の正解」を読みました
「歴史問題の正解」を読みました <21>9月27日読了『歴史問題の正解』(有馬哲夫著 新潮新書2016.8.20発行) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/29 15:16
「バカざんまい」を読みました
「バカざんまい」を読みました <20>9月20日読了『バカざんまい』(中川淳一郎著 新潮新書2016.9.20発行) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/21 16:57
「鋼のメンタル」を読みました
「鋼のメンタル」を読みました <19>9月16日読了『鋼のメンタル』(百田尚樹 著 新潮新書2016.8.20発行) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/17 14:41
「『強すぎる自民党』の病理」を読みました
「『強すぎる自民党』の病理」を読みました <18>9月14日読了「『強すぎる自民党』の病理・・・老人支配と日本型ポピュリズム」(池田信夫著 PHP新書 2016.8.24発行) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/15 14:19
「違和感の正体」を読みました
「違和感の正体」を読みました <17>9月9日読了『違和感の正体』(先崎彰容(せんざきあきなか)著 新潮新書2016.5.20発行) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/10 16:15
「騙されてたまるか」を読みました
「騙されてたまるか」を読みました <16>9月4日読了『騙されてたまるか  調査報道の裏側』(清水潔著 新潮新書2015.7.20発行) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/06 15:12
「三四郎」また読んでみました
学生の皆さん、今年の夏休みで本を何冊読みましたか?私の経験では、いつも夏休みが近づくと、読みたい本を沢山買い込みましたが、結果、ほとんど読み残しのまま夏は終わってしまいました。考えてみると、時間がたくさんあれば本を読めるとは限らないようです。しかし、懲りもせず、毎年同じような繰り返しだったような気がします。特に、「普段はなかなか手がつかない古典作品は夏休みに読む!」という気持ちが強かったです。 私は今や‘毎日が日曜日’‘ずっと夏休み、秋休み、冬休み、春休み’の状態ですが、この夏、久しぶりに「三... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/26 14:56
「日本は滅びてしまうのだろうか?」
最近、疑問から確信に変わってきたことがあります。民進党、共産党を中心にした左翼野党とそれらと歩調をそろえる偏向メディア(朝日、毎日、東京新聞、TBS、アサヒ、NHKテレビ等)は、安倍晋三そのもの(自民党というより)を嫌い、あらゆる点からケチをつけていること、特に安保関連法案(国民の大部分は既に理解し賛成しているのに)とアベノミックス(もし、積極的経済政策をやらず、旧民主党のようにモタモタしていたら、現在もっと最悪だったのは間違いない)は、よほど目障りなようです。私が確信したのは、安倍政権の政策は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/06 15:30
「言ってはいけない」を読みました
「言ってはいけない」を読みました <15>5月29日読了『言ってはいけない』(橘玲著 新潮新書 2016年4月20日発行) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/02 16:20
「劣化した年寄りが日本を潰す!」
・若い世代の人たちは、「年寄り」というものにどんなイメージを持っているのだろうか?‘いろいろな苦労を乗り越えた経験豊富な’‘他人の微妙な気持ちの綾なんかも理解し、やさしくできる’‘人生に対してある程度達観し、やたらに慌てたり怒ったりしない’‘こどもたちのことを一番に考え、自分たちのことを後回しにするよう遠慮する’‘とにかく、何を言われても動揺せずにニコニコしている’・・・・・・等々。たぶん、こんな印象を持っている人は、今ではだいぶん減っているじゃないか、と思います。わたしの幼い頃は、そんな印象は... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/31 17:18
「カエルの楽園」を読みました
「カエルの楽園」を読みました <14>5月19日読了『カエルの楽園』(百田尚樹著 新潮社2016.2.23発行) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/28 10:50
「年上の義務」を読みました
「年上の義務」を読みました <13>5月10日読了『年上の義務』(山田玲司著 光文社新書2016年4月20日発行) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/12 15:31
「憲法改正はどうする?」
「憲法改正はどうする?」 今日5月3日は憲法記念日 施行から69年経過するも一度も改正されず 世界でも珍なことだ。国際環境のリスク増大、現状の顕著な変化、等さすがに無視できなくなり、ようやく憲法改正が話題に上ってきた。 ただ漠然と憲法改正と言ってもどうしようもなく、‘改正はどこから?’となると、どういうわけか改正推進論者のなかで‘いかに国民の抵抗を少なくするか’的な方法論に偏った議論もある。じつは、この’こそこそ’感が反対派のレッテル貼りもあり多くの国民の不安を煽るのだ。正論は自らの信じるところを正々堂々大きな声で主張... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/03 16:58
「日本の敵」を読みました
「日本の敵」を読みました <12>4月27日読了『日本の敵  よみがえる民族主義に備えよ』(宮家邦彦著 文春新書2015年9月20日発行) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/28 17:28
「震災でのオスプレイの活躍にケチをつける?」
・「熊本地震の救援活動のため、在日米海兵隊がオスプレイを投入したことに批判が出ているのですか。情けない。政治的な主張と災害対応は分けて考えるべきです。少なくとも今くらいは、意味のない議論はやめなさいと言いたいです。」これは、ロバートエルドリッヂ(元在沖縄米海兵隊政務外交部次長)が4月23日産経新聞に載せたコラムの一部です。彼は、在日25年以上になる日本の理解者で、東日本大震災で話題になった「トモダチ作戦」の起案者だった人です。 ・4月22日の中谷防衛相の記者会見で、一部のメディア(共同通信、東... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/24 15:16
「保育園開園中止」の件
・千葉県市川市で私立保育園が近隣住民の強い反対で開園中止に追い込まれた、というニュースは多くのメディアで採り上げられ話題になっている。保育施設の子供の声が「騒がしい」などとして各地でトラブルがかなり発生しているらしい。住民との間で騒音差し止めや慰謝料を求めて訴訟に発展する例もあると言うから驚く。各自治体は待機児童の対策に保育園の新設や増設に取り組むなかで、トラブルは増加の一方だろう。東京都は昨年条例を改正して‘子供の声を騒音の規制対象から除いた’。舛添知事は「子供たちの騒音は将来の音楽」と述べた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/14 14:20
「同窓会コンサート」に行きました
4月12日「同窓会コンサート」(神奈川県民ホール)に行きました。昼の部は開場が午後1時半でした。、早めに家を出て産業貿易センタービルの地下で昼食を食べ、なお時間つぶしに山下公園を久しぶりに歩きました。ウイークデイだからなのか、思ったより人が少なくのどかなもんで、桜は散っていたが、花壇の花はきれいでした。人形の家をとおる歩道橋をわたりフランス山の入り口で引き返し、マリンタワーの下で少し時間をつぶし、県民ホールに開場10分前に行きました。もう、かなりの人たちが集まっていました。団塊の世代を中心に、そ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/13 16:07
「日本経済の「質」はなぜ世界最高なのか」を読みました
「日本経済の「質」はなぜ世界最高なのか」を読みました <11>4月6日読了『日本経済の「質」なぜ世界最高なのかーー国連の超GDP指標が教える新豊かさ』(著者:福島清彦 PHP新書2016.2.29発行) <内容紹介> ・GDP世界第2位の座から陥落し、人口減少の止まらない日本には悲観的な声が絶えない。だが、そもそもGDP が21世紀に求められる豊かさを測れない時代遅れの指標だったとしたら?本書で著者は国連が提唱する「超GDP」思想を紹介し、日本経済の「質」が世界最高レベルであるという驚きの事実を明らかにする。すでに各国はそうした指標を意識して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/11 14:27
「桜名所めぐり」行ってきました
「桜名所めぐり」行ってきました 「東京5大桜名所めぐり・隅田川お花見クルーズ」という日帰りバスツアー(読売旅行)に参加してみました。3月30日朝8時30分横浜駅西口天理ビル前をスタート、三ツ沢から第三京浜経由で246を渋滞のなかをトロトロと池尻大橋へ。最初の「名所」は最近大人気の「目黒川」でした。時間がおしていて、‘目黒天空庭園オーパス夢広場’でトイレにいっていたら、ほぼ集合時刻になってしまいました。ただし、桜はまだ満開には早く、ちょっと残念。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/01 14:49
「日本を守る沖縄の戦い」を読みました
「日本を守る沖縄の戦い」を読みました <10>3月24日読了『日本を守る沖縄の戦いーー日本のジャンヌダルクかく語りき』(我那覇真子著 アイバス出版2016年2月2日発行) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/26 15:25
「戦後経済史は嘘ばかり」を読みました
「戦後経済史は嘘ばかり」を読みました <9>3月17日読了『戦後経済史は嘘ばかりーー日本の未来を読み解く正しい視点』(橋洋一著 PHP新書2016年1月29日発行) <表紙裏の内容紹介> ・世界から「奇跡」と称された高度経済成長を成し遂げ、やがてバブルの崩壊から「失われた二十年」といわれるほどのデフレ不況に落ち込んだ日本。なぜわれわれは、かくも成功し、そしてかくも失敗したのか・・・・・。この日本経済の歩みの要因分析について、いま、あまりに広く「間違いだらけの常識、思い込み」が流布している。本書では、それらの誤謬を、わかりやすい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/17 17:06
「モンスターマザー」を読みました
「モンスターマザー」を読みました <8>3月13日読了『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(福田ますみ著 新潮社2016年2月20日発行) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/13 16:09
「東日本大震災5周年報道」への違和感
3月11日が近づくと、新聞やTVは震災関係の特番であふれ、どこを見ても同じような話でいっぱいになる。内容は、ほぼ同じようなもんだろう。曽野綾子氏も言ってるように、「テレビは個人の悲しみを取り上げ、復興が手ぬるいという番組を流し続けるだろう。その手の『人道的』『弱者に優しい』番組さえ作ればマスコミの世界で非難されることはないのだ。しかし私は、そのような定番の番組なら、見ようとは思わない。」私も同感だ。今さら口に出さないだけで、そう思っている人が多いんじゃないの。毎年、ハンパじゃない数の取材スタッフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/11 18:00
「保育園落ちた日本死ね」って何だ?
最近、「保育園落ちた」のブログやツイッターが盛り上がり、国会前のデモ行動もTVニュースでとりあげられて、注目されているようだ。わたしは、何か違和感を覚えていた(中身は後ほど)が、やはり・・・。 産経新聞3月9日朝刊に記事が載っている。それによれば 「共産党の吉良佳子参院議員本人が保育園への申請をしたら、区から‘保育園に入れない’と通知をもらったという。そして、‘わたしも保育園に落ちた’とツイッターに書き込み、デモにも参加した。一方で、共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で‘保育園落ちた’匿名... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/09 15:45
「京都ぎらい」を読みました
「京都ぎらい」を読みました <7>3月7日読了『京都ぎらい』(井上章一著 朝日新書2015年9月30日発行) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/07 13:54
メディアよ、国民を舐めるのもいい加減にせいよ!
あたしは70歳も近くなってきたが、60年前の小学校時代、‘ニュース’についての先生の話、今でも思い出すよ。有名な話だろうけど、「犬が人にかみついてもニュースにならないが、人が犬にかみついたら大ニュース」ってヤツだ。報道を伝えるがわと受けるがわとの関係についても教わった記憶がある。そして、戦後の憲法で、報道の自由が大切なのも教わった。それは、戦前は報道への制限や弾圧等により、国民へ真実を伝えることができずに不幸な戦争があそこまで突き進んでしまったことへの大きな反省からだよね。 今の日本はどうか、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/28 15:04
「報道ステーションは正義か不実か」を読みました
<6>2月24日読了『報道ステーションは正義か不実か』(長谷川豊著 ベスト新書2015年12月20日発行) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/27 13:38
「吉永小百合さんへの手紙」を読みました
「吉永小百合さんへの手紙」を読みました 「吉永小百合さんへの手紙」(小川榮太郎著 雑誌「正論」3月号) サブタイトルでこう書いている。 「『平和』を愛するなればこそ   類い稀な自らの資質も、原爆詩の朗読をも、貴女は裏切っている」 ズバリという 「あへて吉永さんに問ひたい、法案(安保法制、特定秘密保護法制)の意味や中身を知らずに、後から責任を取れないやうな出鱈目な批判をする事、またさういふ人達の先頭に立つて広告塔になる事は、貴女の女優としてのあり方や人としての信条に照らして、恥づかしい事ではないのですか。「平和」を大切にする事... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/19 17:35
「オキナワ論」を読みました
<5>2月16日読了『オキナワ論』(ロバート・D・エルドリッヂ著 新潮新書2016年1月20日発行)サブタイトルは「在沖縄海兵隊元幹部の告白」。エルドリッヂ氏は、もともと日米関係を専門とする歴史学者(神戸大学大学院留学、大阪大学大学院准教授も経験)、日本での暮らしはすでに25年以上になる。アメリカと米軍の考え方、日本の考え方、沖縄の考え方については誰よりも理解している。自身で阪神大震災を経験し、米軍海兵隊の災害救済活動を提案、東日本大震災のとき有名になった‘トモダチ作戦’も彼が立案、指導したもの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/18 17:48
「野党議員よ、無駄なことに時間を割くな!」
「責任問題の追及ということは、いかにも『正義のために』必要なことのようだが、つまりは党利に利用するためで過去のことに時間を取られることは生産的でない。政治家の時間はすべて国民の税金から出ているのだから、そんな無駄な時間を割かないでほしいのである。」(曽野綾子「透明な歳月の光」(平成28年2月3日産経新聞) 相変わらずの‘曽野ぶし’で小気味いいですね。まったく同感です。 今日も、NHKを見ていると国会中継やっていました。ホントに腹がたってきます。最近の野党議員の質問は、ほとんど、新聞や雑誌など... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/04 16:09
「翁長知事と沖縄メディア」を読みました
<4>1月28日読了『翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走』(仲新城誠 著 産経新聞出版 平成27年12月7日発行) (内容) エスカレートする翁長氏の行動は、いずれも県紙2紙をはじめとした沖縄メディアが事前に煽ってきたものだ。翁長氏の知事就任以来、沖縄県の強硬姿勢と沖縄メディアの翼賛報道は、相互に増幅を繰り返しているように見える。言ってみれば、翁長氏は沖縄メディアの「脚本・演出」を忠実に実現する、偉大な「主演俳優」なのだ。 第1章;翁長知事とは何者か 第2章;「異論」が封じ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/31 14:55
「原発とどう向き合うか」を読みました
<3>1月13日読了『原発とどう向き合うか 科学者たちの対話2011〜’14』(澤田哲生編 2014.8.20発行 新潮新書) (内容紹介) ・福島の事故からすでに3年余り、原発をめぐる様々な問題は今も“宙ぶらりん”のままだ。「脱・反」の声に振り回されるエネルギー政策、過剰なまでに厳しい「1ミリシーベルト」基準、「ゼロリスク」を求めるばかりの安全規制、科学より感情論にはしるメディア、見通せない復興と住民の帰還ーーいったい、何が問題なのか。このままでいいのか。第一線の研究者たちが科学的事実と合... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/16 12:53
「土漠の花」を読みました
<2>1月9日読了『土漠の花』(月村了衛著 幻冬舎 2014.9.18発行) (内容紹介) ‘作品の舞台は自衛隊の拠点がある東アフリカのジブチと混乱が続くソマリアとの国境地帯。墜落したヘリの捜索・救助に向かった陸上自衛隊第一空挺団の精鋭部隊がソマリアの部族抗争に巻き込まれ全滅の危機に陥る。隊員らは、生き残った士族長の娘を守りながら、ジブチの基地を目指して逃避行を続ける。’ ‘土漠(どばく)という言葉はあまり聞きなれない。実は中東などの砂漠は岩盤の上に砂礫やシルトが薄く乗っている荒地がほとん... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/10 13:39
「他人を非難してばかりいる人たち」を読みました
<1>1月4日読了『他人を非難ばかりいる人たちーパッシング・いじめ・ネット私刑』(岩波明著 幻冬舎新書2015.9.30発行)  (裏表紙の内容紹介) ‘マスコミやネット住民はバッシングが大好物。失言やトラブルによって「悪人」となった対象を見つけては非難するが、最近ここに一般の人も追随し、まるで国民総出のいじめの様相に。このとき、非難する側は必ず「正義」をふりかざすが、実は他人を傷つけて楽しむ心理も混在する。もともと、似た価値観を共有する日本人は、差異に対して敏感で嫉妬を抱きやすく、異物を排... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/07 18:04
「流行語大賞」やめませんか?
「新語・流行語大賞」というのがあります。今年で32回目を数える12月の風物詩として、TVなどで大々的にとりあげられました。そして、2015年の大賞に選ばれたのは、「爆買い」と「トリプルスリー」だそうです。中国人の爆買いはそれなりに話題になったので、仕方ないかもしれませんが(しかし、文化的なエスプリもなくセンス悪いのでは)、トリプルスリーは、流行語?ですか。まあ、それでも‘人畜無害’なので、いいでしょう。 別に選ばれている‘トップテン’はひどいものです。一応、言葉として多くの人たちが、会話のなか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/08 14:17

続きを見る

トップへ

月別リンク

天切りカズの闇がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる